ストーマをなくす手術法(新肛門手術)の概略

投稿日:2021年2月18日 更新日:

ストーマをなくす 手術法(新肛門手術)の概略

新肛門手術(新肛門再建術)の流れ

新肛門手術には、直腸癌の手術と同時に行う新肛門手術と、既にストーマをつけられている方(オストメイト)に対しておこなう新肛門手術との2種類の手術があります。以下では、これから直腸癌の手術を受けられる方の手術を説明します。

直腸癌を切除する手術は、従来の方法に準じて行います。直腸癌の切除があらかた終わったところで、残った大腸の一部を使い、直腸のリザーバーとしての働き(便をためる働き)をさせるために、袋のような結腸パウチを作ります。

次に臀部の大殿筋の一部を使い、新しい括約筋を作ります。そのときに、本来の括約筋を支配していた陰部神経を大殿筋の神経につなぎ代え、陰部神経支配の新しい括約筋を作成します。この括約筋が、陰部神経の作用で自然な肛門の働きを代行します。

なお、この新肛門手術(新肛門再建術)は、保健医療が想定していなかった治療法ですので、現在、手術代金は、保健点数表では決められておりません。そのため、従来ある手術法(直腸がんの手術と便失禁に対する手術)の代金として算定し、保健医療の範囲内で医療を行っています。

新肛門手術法の説明

新肛門手術方法の以下の説明は、現状臨床応用を行っているクリニックと比べるとクラシカルな方法と呼ばざるを得ませんが、基本原型です。

近年では、内括約筋の形成やそのほか細かな工夫が随所にこめられるようになりました。また、大殿筋以外に薄筋を使うこともあります。

直腸癌に対する切除は、新肛門再建の有無にかかわらず、根治性を追及して同様に行います。切除術があらかた終了したところで、新肛門再建の準備を始めます。

まずは、結腸の端が、緊張なく、肛門部まで引き降ろせるように、十分に結腸を遊離します。そして、直腸のリザーバー機能(便をためる働き)を再建するために、小型の結腸嚢(袋)を作成します。
新しい括約筋は、大殿筋という、いわばお尻のほほの筋肉の一部を使用して作ります。現在では、薄筋を使って、この陰部神経を縫合した新肛門を作成することも行っていますが、今回は大殿筋を使った術式を紹介します。

大殿筋を使った術式

大殿筋は、血管支配により、上殿動脈によって養われる上部と、下殿動脈によって養われる下部とに分けられます。大殿筋はその全体が損なわれれば、歩行に障害が出ますが、上部を温存し下部しか使わないために、歩行障害は出現しません。
また、大殿筋の神経支配は、血管の支配の場合と異なり、全体が同じ下殿神経で支配されています。ですから、大殿筋の下部を使って新しい括約筋を作る場合は、上部の機能を守るために、下殿神経の上部への枝を残す必要があります。

そして、下殿神経の末梢側断端と、陰部神経の中枢断端を縫合しますが、この神経縫合は、顕微鏡を使って行います。殿部まで引き出してきた結腸嚢の排出脚の周囲に、陰部神経を縫合した大殿筋下部で新括約筋を作ります。(ここも実際にはいくつかの方法があり、いくつかのコツがあります)

直腸のリザーバー機能(便をためる働き)のための結腸嚢と、肛門括約筋の機能をつかさどる陰部神経がつながれた新括約筋とによって、骨盤底が形成されています。なお、現在では大殿筋に代えて薄筋を使用して手術をすることも増えました。薄筋の方が手術後の患者さんの負担が少ないからです。

-
-, ,

執筆者:

関連記事

痔の手術の麻酔について

麻酔が誕生したのは、江戸時代です。外科医である華岡青洲は妻と母の検診のもと、全身麻酔薬「通仙散」を開発し、1804年ついにこれを用いての乳がん摘出を成功させました。 この手術が記録に残る歴史上最初の麻 …

質の良い肛門医と出会うには?

痔は非常に辛く、肉体だけでなく精神にも支障をきたすため、早急な処置が求められます。 また痔は、再発することもある病気です。 再発防止のアドバイスや適切な処置を行ってくれる良い医者を探し、その方に処置し …

【Dr.Shoko’sコラム】ダイエットと便秘 ダイエットと便秘って関係あるの? あなたの便秘はダイエットが原因かも

今回は『ダイエットと便秘』についてです。 ダイエットと便秘 ダイエット中の方、便秘になっていませんか??ダイエットのせいで、便秘になってしまうことがあるんです。 ダイエットに便秘は大敵 …

【Dr.Shoko’sコラム】会陰部を押して 排便の時、会陰部を押していませんか?女性の方に是非知ってもらいたい「直腸瘤(ちょくちょうりゅう)」

前回に引き続き『腸内細菌』についてです。 腸内細菌の種類って?? 腸内細菌が、自分の腸の中にたくさん住みついていて、様々な臓器と関係して健康に影響を及ぼす事をお話しさせて頂きました。 &nbsp …

年余にわたってストーマ(人工肛門)をつけてきた方への新肛門手術

年余にわたってストーマ(人工肛門)をつけてきた方への新肛門手術

「長年、人工肛門(ストーマ)をつけてきましたが、新肛門手術は可能なのでしょうか」 このような疑問をお持ちの方は多いと思います。 しかし、直腸癌手術のときに新肛門の手術を同時に行う、新肛門手術と、何年も …

最新記事