ストーマ(人工肛門)をなくす手術法(新・肛門・手術)が開発されるまで

投稿日:

ストーマ(人工肛門)をなくす手術法(新・肛門・手術)が開発されるまで

肛門括約筋の働き

排便と便禁制にとって重要な働きをしている外肛門括約筋の特徴を規定しているのは、陰部神経とよばれる神経です。(ハチュウ類より高等な生物では筋肉は神経によってその特徴が規定されているという生物学の法則があります)この陰部神経を新たに別の骨格筋に神経支配させて、外肛門括約筋としての特徴を持たせようというのが新肛門手術のねらいです。

肛門括約筋には3つの重要な働きがあります.
1.排便とその制御に応じた括約筋の収縮と弛緩
2.便意という感覚の場
3.安静時の括約筋の収縮

括約筋の収縮

肛門の働きは、腸の筋肉由来の内肛門括約筋と、骨格筋の一種である外肛門括約筋との2種類の括約筋で行われています。外肛門括約筋は、足や手の筋肉と同じ骨格筋でありながら、他に例を見ない特徴があります。その特徴とは、意識していないときも絶えず筋肉に収縮が見られるということです。この現象はトーヌスと呼ばれていて、便を漏らさないということに関しては、極めて合目的的で、利にかなっています。筋電図検査をすると、つねに筋電図波形が観察されることからも証明されています。

便意という感覚の場

外肛門括約筋をふくむ骨盤底の骨格筋群が、便意の発現の場になっているということです。たとえば、出産のとき胎児が生まれようとして、骨盤底の筋肉を押すと、便がたまったわけでもないのに、「便をしたい」という感覚に襲われることからも理解できます。さらに、括約筋は排便時に腹圧などと協調して、排便にかなうようにリラックスして便を出させるように働きます。また、くしゃみなどで腹圧が上昇するときには、無意識に収縮力が高まるように働きます。

新肛門手術が開発されるまでの経緯

肛門括約筋の働きを制御している神経(陰部神経)を、新しい肛門の括約筋につなぎかえることにより、新肛門にこれらの働きを持たせようというのが、新肛門手術法です。
この手術は、動物による基礎実験と、解剖体を使用した模擬手術による解剖学的な検討とを経て、実用化されました。

1.動物実験

実際に人間の手術をするまでには、実験動物の貴重な犠牲が必要でした。まず、彼らに甚大なる感謝をささげます。
動物実験では、直腸癌と同様の手術(直腸と肛門を切除した)後、陰部神経を縫合した筋肉をつかって括約筋を再建した新肛門をもつ実験動物の群と、陰部神経を縫合せず、もともとの筋肉を支配する神経のままで新たに括約筋を作った新肛門を持つ実験動物の群とで比較検討しました。
その結果、陰部神経を縫合した群で、陰部神経を縫合した新括約筋は外肛門括約筋の特徴を、電気生理学的にも、組織化学的にも反射的にも獲得し、それらの排便状況も改善していました。正式には、米国のSurgeryという学術雑誌に、以下の英文論文でその結果が出版されています。
Sato T, Konishi F. Functional perineal colostomy with pudendal nerve anastomosis following anorectal resection: An experimental study. Surgery 1996; 119: 641-651

翌年の1997年には、早くもアメリカのミネソタ大学から追試論文がDisease of the colon and rectum誌に発表されています。しかし、その後このチームの研究は途絶えてしまったようです。

2.解剖学的検討

動物実験を背景に、実際人間で、陰部神経の縫合を行った新括約筋を安全に作れるのか、ヒト解剖体をつかった模擬手術を施行して検討しました。その結果、解剖学的に安全に手術が施行できることが確認できました。正式には、米国のsurgeryという学術雑誌に、以下の英文論文でその結果が出版されています。
Sato T, Konishi F, Kanazawa K. Functional perineal colostomy with pudendal nerve anastomosis following anorectal resection: A cadavor operation study on a new procedure. Surgery1997; 121: 569-74

なお、2005年の暮れに、フランスのチームから解剖学的な研究の論文がDisease of the colon and rectum誌に発表されました。また、2008年10月の日本大腸肛門病学会総会で杏林大学の松岡先生のチームから解剖学的検討の追試が口演発表されました。

3.臨床応用

新肛門手術は、臨床応用段階に入っています。

その結果(臨床成績)は、国内外の学会や講演で発表されていますが、正式には、共に米国の学術誌であるDisease of the colon & rectum(結腸直腸病)誌 と Surgery(外科)誌に、1997年、2000年および2005年、出版発表されています。
Sato T, Konishi F, Kanazawa K.Anal sphincter reconstruction with a pudendal nerve anastomosis following abdominoperineal resection: Report of a case. Dis Colon Rectum 1997; 40: 1497-1503.

Sato T, Konishi F, Ueda K, Kashiwagi H, Kanazawa K, Nagai H. Physiological anorectal reconstruction with pudendal nerve anastomosis and a colonic S-pouch after abdominoperineal resection: Report of 2 successful cases. Surgery 2000;128:116-120

T Sato et.al. Long-term outcomes of neo-anus with a pudendal nerve anastomosis contemporaneously reconstructed with abdominoperineal excision of the rectum Surgery 2005; 137: 8-15

-
-, , ,

執筆者:

関連記事

便秘にいいはずの食物繊維_1

【Dr.Shoko’sコラム】便秘にいいはずの食物繊維が便秘を引き起こす!

今日は、正しい食物繊維の摂り方について   食物繊維は人の消化酵素で消化されずに、小腸を通過して大腸へ到達する食べ物です。コレステロールや血糖の上昇を防いだり、腸の調子を整えて便秘の改善が期 …

痔と間違えやすい病気とはなんなのか

痔と間違えやすい病気にもさまざまなものがある 肛門やその周辺は非常にデリケートであるため、痔以外にもさまざまな病気が起こり得ます。 中には痔と症状が似ているものもあり、誤って判断してしまうケースも少な …

肛門性交(アナルセックス)の危険性と便失禁のHIFU治療

肛門性交(アナルセックス)の危険性と便失禁のHIFU治療

性行為の際に、膣ではなく肛門に陰茎を挿入する行為を肛門性交(アナルセックス)と言います。膣を持たない男性同士や男女間でも行われている行為で、膣での性行為に比べるとリスクを伴います。 肛門性交を行うこと …

年余にわたってストーマ(人工肛門)をつけてきた方への新肛門手術

年余にわたってストーマ(人工肛門)をつけてきた方への新肛門手術

「長年、人工肛門(ストーマ)をつけてきましたが、新肛門手術は可能なのでしょうか」 このような疑問をお持ちの方は多いと思います。 しかし、直腸癌手術のときに新肛門の手術を同時に行う、新肛門手術と、何年も …

【Dr.Shoko’sコラム】女医のダイエット失敗談

      腸内細菌、栄養学、血糖、、、 話題があちらこちらしますが、根幹な話は『食事が大事』という事です。 医食同源ですね。まさしく。   そんな私 …