TAGS:
CATEGORY:

【Dr.Shoko’sコラム】会陰部を押して 排便の時、会陰部を押していませんか?女性の方に是非知ってもらいたい「直腸瘤(ちょくちょうりゅう)」

投稿日:2021年2月3日 更新日:

前回に引き続き『腸内細菌』についてです。

腸内細菌の種類って??

腸内細菌が、自分の腸の中にたくさん住みついていて、様々な臓器と関係して健康に影響を及ぼす事をお話しさせて頂きました。

 

今回は『腸内細菌』の種類について

腸内細菌は大きく

①人体に良い影響を与える『善玉菌』

②人体に悪い影響を与える『悪玉菌』

 

③『善玉菌』と『悪玉菌』のどちらか優勢な側につく『日和見菌』(ひよりみきん)

 

に分けられます。

 

『善玉菌』と『悪玉菌』は言葉通りで、理解しやすいですね。

『日和見菌』は少し聞き慣れないですよね。

ですが、この『日和見菌(ひよりみきん)』が腸内環境の鍵になるのです。

日和見菌ってどんな菌???

というのも、『日和見菌』は腸内細菌の全体の7割を占める多数派なのです‼️

 

そして、上のイメージ図をご覧になって頂きたいのですが、『日和見菌』のイメージは、良い子でも悪い子でもなく、主体性がなく、『善玉菌』『悪玉菌』のどちらご優勢な環境なのか見極めて、

 

強い側につく

(人間社会にも居ますよねーーー。ナンテ。。。)

 

ですので、この多数派達をいかに善玉菌側につかせるかが大事なのです‼️

 

腸内環境の理想のバランスは

善玉菌② : 日和見菌⑦: 悪玉菌①

 

と言われています。『善玉菌』が強い環境では、『日和見菌』は『善玉菌』に加勢をしてくれます。

 

しかし‼️‼️‼️『悪玉菌』が強い環境下では『日和見菌』は『悪玉菌』に加勢するのです

ナント。

(これも人間社会と同じですね。)

 

町の雰囲気、環境が良い場合は一般市民達は良い行いをし☺️環境が悪くなると悪い奴らに乗っかって悪い事をしだす的な。

まとめ

ですので、腸内環境を良くし『善玉菌』を優勢にして多数派の『日和見菌』を味方につける‼️

 

なんとなくでも良いので、イメージを掴んで『腸活』をすると楽しくできるかもしれませんね。

Dr.Shokoの紹介

dr_shoko

経歴
2013.3.2 愛知医科大学医学部卒業
2013.3.19 第107回医師国家試験合格
2013.3.27 医師免許取得(医籍登録第 508838 号)
2013.4.1~2015.3.31 愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター
2014.4.1~2018.3.31 愛知医科大学病院 専修医(消化管内科)
2016.4.2~2020.3.7 愛知医科大学大学院 医学研究科
臨床医学内科学専攻
2019.4.1~2020.8.31 愛知医科大学 医員助教(消化管内科)
2020.3.7~ 愛知医科大学院大学研究科 博士課程
学位取得
2020.9.1~ 旭労災病院 消化器内科

-
-,

執筆者:

関連記事

【Dr.Shoko’sコラム】腸‌内‌細‌菌‌と‌は‌ ‌ ‌ 痩‌せ‌る‌×‌お‌肌‌が‌綺‌麗‌に‌な‌る‌×‌健‌康‌に‌な‌る‌ ‌ ‌ 腸‌内‌細‌菌‌を‌味‌方‌に‌つ‌け‌よ‌う!

  美容×健康習慣 今回は腸内細菌について 腸内細菌を味方につければ、 痩せる×お肌が綺麗になる×健康になる 腸内細菌ってなに?? まずは基本的な知識から 腸内細菌とは、腸内に生息する …

【Dr.Shoko’sコラム】ヨーグルトを食べるのは食前?食後?知っているかいないかで大きな差が出る。あなたは知りたい?

一生ものの美容 健康 習慣を Contents1 ヨーグルトっていつ食べたらいいの?1.1 正解は、、、2 なぜ食後のほうがいいの?3 最近のヨーグルトはオリゴ糖入りのものも4 Dr.Shokoの紹介 …

主食、白いご飯。やめませんか?

【Dr.Shoko’sコラム】主食、白いご飯。やめませんか

日本人の主食、白米!!! 私も小さい頃から、当たり前に白いご飯を食べて育ちました 何の疑問も持ちませんでした。。。 白米って一体何でしょう 白米は、玄米から胚芽や糠(ぬか)をそぎ落としたものです 玄米 …

「便失禁」の原因とは?治療法は?

便失禁ってなに? 通勤時、いきなり便意をもよおしたが電車の中、脂汗をにじませながら必死に我慢し、ホームへ着いたらトイレへ一直線に走ったものの間に合わずに下着を汚してしまった……。生理現象とはいえ、便の …

年余にわたってストーマ(人工肛門)をつけてきた方への新肛門手術

年余にわたってストーマ(人工肛門)をつけてきた方への新肛門手術

「長年、人工肛門(ストーマ)をつけてきましたが、新肛門手術は可能なのでしょうか」 このような疑問をお持ちの方は多いと思います。 しかし、直腸癌手術のときに新肛門の手術を同時に行う、新肛門手術と、何年も …