ゲイ・バイセクシャルが知っておくべきHIV/エイズの知識

投稿日:2020年10月13日 更新日:

ゲイとHIV/エイズ

HIV、ヒト免疫不全ウイルスは1983年に発見されて以降、現在まで人類に猛威を振るい続けています。世界中の医療関係者が40年近い年月の間身を粉にして研究し続けた結果、現在ではHIVによって発症するエイズは決して死の病ではなくなったものの、いまだ完治の術は見つかっていません。

HIVとゲイの関係は密接で、それが長らく続く偏見の原因にもなっています。HIVの流行はそれ以前から始まっていたと考えられているものの、正式に認定されたのは1981年、アメリカ・ロサンゼルス州に住んでいたゲイの男性でした。当時はまだHIV/エイズが広くは知られておらず、エイズはゲイがなるものだという偏見が生まれ、感染者だけでなく非感染者のゲイも言われのない迫害を受けました。

実際、アーティストのキース・ヘリング、哲学者のミシェル・フーコー、そしてミュージシャンのクラウス・ノミやフレディ・マーキュリーなど、多くの著名人がエイズによって命を落としました。しかしHIVは異性間性行為での感染、または母子感染もあるため、ゲイやバイのみのものという認識は明確に誤りです。

とはいえど、依然としてゲイ・バイの方にとってHIV/エイズは脅威です。だからこそ、どういった症状があるのか、またはどういった経緯で感染するのかなどをしっかり知っておくことが強く求められます。この記事が少しでも多くの方々に読まれ、そしてHIV/エイズについて知る一助となれたら幸いです。

「ゲイ」「バイ」とは

単純に解説すれば、「ゲイ」は同性愛者、特に男性を求める男性、「バイ」両性愛者、男性と女性どちらも求める方のことです。

しかし、自身でどう呼ぶかは当事者であってもさまざまで、「ゲイ」や「バイ」だけでなく、誇りを持って「ホモ」や「オカマ」などと自称する方もいらっしゃいます。

実際、ゲイやバイの方に対して比較的寛容なタイではアダムやゲイキングあるいはアンジーなど、LGBTよりもさらに細かい基準でジェンダーを語ることが珍しくありません。また、異性愛者であり、結婚もしていたとしても男性とセックスに及ぶ方もいらっしゃいます。

杓子定規に決めることはできない、性の多様なあり方を前提として、HIVの分野では「MSM」という言葉が多く使われています。これは「Men who have sex with men」、男性間性交渉者つまり同性同士でセックスする方々のことです。なお、本記事では「MSM」と同じ意味の語として、一般的に知られている「ゲイ」「バイ」を用います。

HIVとエイズの違いとは

HIVとは「Human Immunodeficiency Virus」、つまりヒト免疫不全ウイルスの略称です。ゴリラやチンパンジーが感染するサル免疫不全ウイルスが突然変異し、人間にも感染するようになったのがHIVの起源だと言われています。なお、HIVはさらにHIV-1とHIV-2に分けられますが、HIV-2は感染力が低く、西アフリカ地域以外ではほとんど見られません。
血液や精液、または腸粘液などを介して体内へ入ったHIVはまず、ヘルパーT細胞と呼ばれるリンパ球の中に潜伏します。一定期間が経つとHIVは活性化し、ヘルパーT細胞を死滅させつつ増殖していくのです。ヘルパーT細胞はキラーT細胞やマクロファージなどと友に人体の免疫作用に大きく関わっているため、これが少なくなるとあらゆる病気にかかりやすくなってしまいます。ヘルパーT細胞が減少した際に患う病気はカポジ肉腫やカンジダ症などは高齢者や免疫力が極度に落ちた方で稀に見られるものです。まして健康的な体ならこれらの病気にかかるなんてあり得ないことです。そのため、カポジ肉腫やカンジダ症などは特別に「日和見感染」と呼ばれ、HIVに感染しているかどうかの基準となりました。
HIVが原因となり日和見感染を患ってしまった状態が後天性免疫不全症候群、エイズです。つまり、HIVは特定のウイルス、エイズはHIVによって免疫が著しく低下した状態またはそれが起こる疾患のことを指します。
HIVとは「Human Immunodeficiency Virus」、つまりヒト免疫不全ウイルスの略称です。ゴリラやチンパンジーが感染するサル免疫不全ウイルスが突然変異し、人間にも感染するようになったのがHIVの起源だと言われています。なお、HIVはさらにHIV-1とHIV-2に分けられますが、HIV-2は感染力が低く、西アフリカ地域以外ではほとんど見られません。
血液や精液、または腸粘液などを介して体内へ入ったHIVはまず、ヘルパーT細胞と呼ばれるリンパ球の中に潜伏します。一定期間が経つとHIVは活性化し、ヘルパーT細胞を死滅させつつ増殖していくのです。ヘルパーT細胞はキラーT細胞やマクロファージなどと友に人体の免疫作用に大きく関わっているため、これが少なくなるとあらゆる病気にかかりやすくなってしまいます。ヘルパーT細胞が減少した際に患う病気はカポジ肉腫やカンジダ症などは高齢者や免疫力が極度に落ちた方で稀に見られるものです。まして健康的な体ならこれらの病気にかかるなんてあり得ないことです。そのため、カポジ肉腫やカンジダ症などは特別に「日和見感染」と呼ばれ、HIVに感染しているかどうかの基準となりました。
HIVが原因となり日和見感染を患ってしまった状態が後天性免疫不全症候群、エイズです。つまり、HIVは特定のウイルス、エイズはHIVによって免疫が著しく低下した状態またはそれが起こる疾患のことを指します。

-
-, , ,

執筆者:

関連記事

【Dr.Shoko’sコラム】女医のダイエット失敗談

      腸内細菌、栄養学、血糖、、、 話題があちらこちらしますが、根幹な話は『食事が大事』という事です。 医食同源ですね。まさしく。   そんな私 …

肛門周辺の筋肉にはどのようなものが?便意との関係性

お尻の穴から約3cm奥までを肛門と呼びます。 肛門は普段閉じており、排便するときはじめて開きます。これは肛門の周りには内肛門括約筋と外肛門括約筋があり、排便するとき以外はこれらの筋肉が肛門を締めている …

主食、白いご飯。やめませんか?

【Dr.Shoko’sコラム】主食、白いご飯。やめませんか

日本人の主食、白米!!! 私も小さい頃から、当たり前に白いご飯を食べて育ちました 何の疑問も持ちませんでした。。。 白米って一体何でしょう 白米は、玄米から胚芽や糠(ぬか)をそぎ落としたものです 玄米 …

データで見る、ゲイ・バイセクシャルと HIV/エイズ情報ファイル

はじめに この本は、HIVについて情報を集めたり、相談をしたりされたり、検査を受けようとする、そんなあなたを応援するためのツールです。 ゲイ・バイとHIVの現状についてちょっと調べものをする …

【Dr.Shoko’sコラム】本当に美しい人はヒアルロン酸を腸内細菌で作る

ヒアルロン酸を乳酸菌が作る?! 今日は面白い、『乳酸菌』を見つけたのでご紹介 日清のヒアルモイスト 心ときめく乳酸菌でしたよ。 キャッチフレーズが 『本当に美しい人はヒアルロン酸を自分でつ …