TAGS:
CATEGORY:

アナル・セクシュアリティに対するスティグマは、米国で男性と性交渉を持つ男性のHIV予防を妨げているか?構造方程式モデリングによる評価

投稿日:

アナル・セクシュアリティに対するスティグマは、米国で男性と性交渉を持つ男性のHIV予防を妨げているか?構造方程式モデリングによる評価

ブライアン・A・カットナー博士、MPH、ジェーン・M・シモーニ博士、ケビン・M・キング博士、スティーブン・M・グッドロー博士、アンドレア・ノルチーニ・パラ博士、エマ・クリーガン博士、フランシス・M・アウノン博士、ステファン・D・バラル博士、MPH、MBA、B.R.サイモン・ロッサー博士、MPH
The Journal of Sexual Medicine, 第17巻, 第3号, 2020年3月, 477-490ページ, https://doi.org/10.1016/j.jsxm.2019.12.006
掲載:2020年1月13日 記事履歴

Contents

はじめに

男性と性交渉を持つ男性(MSM)は、スティグマの影響もあり、効果的なHIV介入にあまり積極的に関与していない。

目的

理論と事前の質的データに基づいて開発されたアナルヘルススティグマモデルを検証するため、共変量を調整しながら、アナルセックススティグマの尺度とHIV予防実践への関与との関連性の大きさを検証した。

方法

米国在住のシスジェンダーMSM1,263人を対象に横断的オンライン調査を実施し、構造方程式モデリングによりデータを分析した。アナルセックスのスティグマからHIV予防への関与への直接的なパスと、アナルセックスの悩みを通しての間接的なパス、医療従事者とアナルセクシュアリティについて話し合うことの快適さを通しての間接的なパスの2つを検証した。モデルは、社会的支援、日常的差別、社会人口統計で調整した。

主要アウトカム評価項目

HIV予防への関与は、(i)行動的介入への生涯曝露、(ii)生物医学的介入への現在のアドヒアランス、(iii)最近の陰茎-肛門性交における予防戦略の一貫した使用、のアドホック指標で構成された。

結果

最終モデルでは、肛門性交のスティグマはより少ない関与と関連しており(β = -0.22、P < 0.001)、参加者が保健ワーカーに肛門性交の実践について話しやすいこと(β = -0.52; β = 0.44、いずれもP < 0.001)によって媒介され、共変量で調整された(R2 = 67%、χ2/df = 2.98、近似二乗平均誤差 = 0.040、比較適合指数 = 0.99、Tucker-Lewis指数 = 0.99)。性に関する懸念は、スティグマと快適さの関連を部分的に媒介した(β = 0.55; β = 0.14、いずれもP < 0.001)。修正指標はまた、肛門性交について話し合う快適さの増加に対する社会的支援の総効果(β = 0.35、P < 0.001)、および、より低い程度ではあるが、性に関する懸念の減少に対する社会的支援の総効果(β = -0.10、P < 0.001)を支持した。

臨床的意義

肛門性交に対するスティグマが高いことは、HIV予防への関与が少ないことと関連しており、その主な原因は、保健ワーカーと肛門性交習慣について話し合うことへの不快感である。

長所と限界

横断的デザインにおける媒介の調整では、時間的因果関係を立証できない。自己報告は社会的望ましさと想起バイアスの影響を受けやすい。オンラインサンプルは一般的なシスジェンダーMSMを代表していない可能性がある。しかし、HIVおよび健康に関連する行動を社会的・関係的文脈の中に位置づけ、医療現場における介入のポイントを示唆する知見である。

結論

医療提供者が肛門のセクシュアリティに関する議論に積極的に関与すること、例えば、性的福利に関連する質問に回答することは、社会的支援として機能し、それによって快適さを高め、HIV予防への関与を向上させる可能性がある。

 

-

執筆者:

関連記事

産科的肛門括約筋損傷後の性交復帰のタイミングに関連する因子

産科的肛門括約筋損傷後の性交復帰のタイミングに関連する因子

アリックス・リーダー=クレイマーMD、キンバリー・ケントンMD、MS、ブーミー・ダヴェMD、ダナ・R・ゴセットMD、MSCI、マーガレット・ミューラーMD、クリスティーナ・ルウィッキー=ガウプMD ジ …

男性と性交渉を持つ男性における性的に露骨なメディアの知覚的影響とポルノグラフィ消費影響尺度(PCES)の心理測定学的特性

男性と性交渉を持つ男性における性的に露骨なメディアの知覚的影響とポルノグラフィ消費影響尺度(PCES)の心理測定学的特性

ゲルト・マーティン・ハルド博士、デレク・スモレンスキー博士、B.R.サイモン・ロッサー博士 The Journal of Sexual Medicine, 第10巻, 第3号, 2013年3月, 75 …

女性のセックス研究ではどのようなエロティック・フィルムを使うべきか?探索的研究

女性のセックス研究ではどのようなエロティック・フィルムを使うべきか?探索的研究

テリー・L・ウッダード(MD)、カレン・コリンズ(MS、MA)、ミンディ・ペレス(BA)、リチャード・バロン(MD)、マニュエル・E・タンサー(MD)、マイケル・クルーガー(MS)、スコット・モファッ …

不安定な愛着は、アナルセックスとバイブレーターによるオーガズムは多いが、膣オーガズムは少ないことと関係がある

不安定な愛着は、アナルセックスとバイブレーターによるオーガズムは多いが、膣オーガズムは少ないことと関係がある

スチュアート・ブロディ、ルイ・ミゲル・コスタ ジャーナル・オブ・セクシュアル・メディシン、第10巻、第2号、2013年2月、614-615ページ、https://doi.org/10.1111/j.1 …

性的マイノリティ患者における性的マイノリティと前立腺癌尺度(SMACS)の作成と心理学的妥当性確認-Restore-2研究

性的マイノリティ患者における性的マイノリティと前立腺癌尺度(SMACS)の作成と心理学的妥当性確認-Restore-2研究

Elizabeth J. Polter, MPH, Nidhi Kohli, PhD, B.R. Simon Rosser, PhD, MPH, Kristine M.C. Talley, PhD, …