TAGS:
CATEGORY:

性的に積極的な米国成人のコンドーム使用と関連する因子、全米家族成長調査、2006-2010年および2011-2013年

投稿日:

性的に積極的な米国成人のコンドーム使用と関連する因子、全米家族成長調査、2006-2010年および2011-2013年

ムアザム・ナスルラ(MD、MPH、PhD)、エメカ・オラカ(MPH)、ポリアンナ・R・チャベス(PhD)、クリストファー・H・ジョンソン(MS)、エリザベス・ディネノ(PhD)
The Journal of Sexual Medicine』14巻4号、2017年4月、541-550ページ、https://doi.org/10.1016/j.jsxm.2017.02.015
公開:2017年04月01日 記事履歴

Contents

背景

コンドームを使用しないセックスはHIVの感染リスクを高める可能性がある。

目的

米国の成人において、直近の性行為におけるコンドーム使用の有病率を明らかにし、直近の性行為におけるコンドーム使用に関連する因子を特定すること。

方法

過去12ヵ月間に異性のパートナーとの性行為(膣、肛門、口腔)を経験したと報告した18~44歳の性的に活発な男女について、2006~2010年および2011~2013年周期の横断的National Survey of Family Growthのデータを分析した。過去12ヵ月間のHIV関連の性的リスク行動(SRB)には、少なくとも4人の異性パートナーとの性交渉、金銭や薬物と交換した性交渉、注射薬使用者との性交渉、HIV陽性者との性交渉、以前に男性と性交渉したことのある男性との性交渉(女性のみ)、男性との性交渉(男性のみ)、他のパートナーと性交渉したことのあるパートナーとの性交渉が含まれた。

アウトカム

本分析の結果は、直近の肛門または膣性行為におけるコンドームの使用であった。

結果

コンドーム使用の全体的有病率は24.8%であった;少なくとも1回のSRBを経験した成人のうち、コンドームの使用を報告したのは33.8%のみであった。SRBを有する未婚または独身男性の46.4%(既婚または同棲男性は14.7%)、未婚または独身女性の32.3%(既婚または同棲女性は14.1%)だけが、直近の性行為でコンドームを使用したと報告し、SRBを報告しなかった人と比較して直近の性行為でコンドームを使用する傾向が低かった。既婚または同棲の男女において、コンドームの使用とSRBとの間に有意な関係は認められなかった。

長所と限界

われわれの分析は、コンドームの使用が婚姻状況によってどのように異なるかについての文献に追加するものである。我々は直近の性行為におけるコンドームの使用を測定したため、個人の過去のコンドーム使用行動を反映していない可能性がある。しかし、直近の性行為におけるコンドーム使用は、経時的なコンドーム使用の有効な代用品として先行研究で報告されている。

結論

米国の異性愛者、特にHIV感染リスクの高い成人、すなわち肛門性行為や複数のセックスパートナーを持つ成人におけるコンドーム使用を促進するためには、継続的な努力が必要である。

-

執筆者:

関連記事

男性と性交渉を持つ米国男性サンプルにおける直近の肛門性交イベント時のコンドーム使用

男性と性交渉を持つ米国男性サンプルにおける直近の肛門性交イベント時のコンドーム使用

ジョシュア・G・ローゼンバーガー博士、MPH、マイケル・リース博士、MPH、ヴァネッサ・シック博士、デビー・ハーベニック博士、MPH、デビッド・S・ノヴァクMSW、バーバラ・ヴァン・デル・ポル博士、M …

ブラジル、サンパウロで意図的に安全でないセックスを行う性的強迫男性におけるパーソナリティ

ブラジル、サンパウロで意図的に安全でないセックスを行う性的強迫男性におけるパーソナリティ

マリア・ルイザ・S・ド・アマラル(MS)、カルミタ・H・N・アブド(MD)、PhD、エルマノ・タヴァレス(MD)、PhD、マルコ・デ・トゥビーノ・スカナビノ(MD)、PhD ジャーナル・オブ・セクシュ …

アナルセックスと性機能満足度: 現在の医学文献の包括的な(そして批判的な)レビュー

アナルセックスと性機能満足度: 現在の医学文献の包括的な(そして批判的な)レビュー

A ウォルトン、M ガルシア The Journal of Sexual Medicine, Volume 19, Issue Supplement_1, April 2022, Page S67, …

不安定な愛着は、アナルセックスとバイブレーターによるオーガズムは多いが、膣オーガズムは少ないことと関係がある

不安定な愛着は、アナルセックスとバイブレーターによるオーガズムは多いが、膣オーガズムは少ないことと関係がある

スチュアート・ブロディ、ルイ・ミゲル・コスタ ジャーナル・オブ・セクシュアル・メディシン、第10巻、第2号、2013年2月、614-615ページ、https://doi.org/10.1111/j.1 …

男性と性交渉を持つ男性におけるStreptococcus dysgalactiae ssp. Equisimilisによる肛門周囲レンサ球菌性皮膚炎

男性と性交渉を持つ男性におけるStreptococcus dysgalactiae ssp. Equisimilisによる肛門周囲レンサ球菌性皮膚炎

イスマエル・マートゥーク医学博士、ロイ・ムートラン医学博士 The Journal of Sexual Medicine, 10巻, 9号, 2013年9月, 2351-2352ページ, https: …