TAGS:
CATEGORY:

二分脊椎症の成人の国際的サンプルにおける単独とパートナーの性行動

投稿日:

二分脊椎症の成人の国際的サンプルにおける単独とパートナーの性行動

デヴォン・J・ヘンゼル(MS、PhD)、ロザリア・ミッセリ(MD)、ジョン・S・ウィーナー(MD)、ジョシュア・D・ロス(MD)、ベンジャミン・M・ウィッタム(MS、MD)、マーク・P・カイン(MD)、コンラッド・M・シマンスキー(MPH、MD)
The Journal of Sexual Medicine, 19巻12号, 2022年12月, 1766-1777ページ, https://doi.org/10.1016/j.jsxm.2022.08.201
公開:2022年10月7日 記事履歴

Contents

背景

二分脊椎(SB)は成人の単独およびパートナーとの性行為への参加に異なる影響を及ぼす可能性があるが、この話題について調査した研究はほとんどない。

目的

SBを有する成人男女の国際サンプルにおける単独およびパートナーとの性行為について記述する。

主要アウトカム評価項目

単独マスターベーション、パートナーと抱き合う、パートナーと手をつなぐ、パートナーとキスをする、パートナーの性器を触る、パートナーに性器を触られる、パートナーにオーラルセックスをする、パートナーからオーラルセックスを受ける、腟内セックス、アナルセックス、性玩具の使用に参加したことがある(ない/ある)、および最近参加した(1年以上前/最近1年以内)。

調査方法

データは、SBを有する国際的な男女サンプルの性行動を評価する、インターネットを利用した大規模な横断調査から抽出した。ロジスティック回帰を用いて、背景因子(性別、年齢、自立生活、交際状況)と健康因子(シャントの状態、歩行、性器の感覚)が各結果に及ぼす影響を検討した。

結果

サンプルは26ヵ国、18~73歳の345人であった。単独またはパートナーとの性行為の経験が生涯皆無であった者はごく少数(<3%)であり、25.0%が人生のある時点ですべての性行為に参加したと報告した。過去1年間の性行為の回数(全16回中)の中央値は7回であった。生涯および最近の参加は、人口統計学的因子および健康因子と関連していた。

臨床的意義

障害があるにもかかわらず、二分脊椎の成人は単独およびパートナーとの性行為に参加している。この集団に携わる医療従事者は、日常診療の一環としてセクシュアリティに関する話し合いを含めるべきである。

長所と限界

この研究は、二分脊椎症の成人の大規模な国際的サンプルにおける単独およびパートナーの性行動を測定したものであるが、横断的レトロスペクティブデザインおよび非臨床的便宜サンプルのため限界がある。

結論

障害があるにもかかわらず、二分脊椎の成人の多くは単独およびパートナーとの性行為に参加している。この集団の成人が健康的かつ安全な方法で性生活を楽しむためには、医学的および心理社会的支援が必要である。

-

執筆者:

関連記事

米国の成人女性における性行動、人間関係、および認識される健康状態: 全国確率標本からの結果

米国の成人女性における性行動、人間関係、および認識される健康状態: 全国確率標本からの結果

デビー・ハーベニック博士、MPH、マイケル・リース博士、MPH、ヴァネッサ・シック博士、ステファニー・A・サンダース博士、ブライアン・ダッジ博士、J・デニス・フォーテンベリー医学博士、 The Jou …

産褥期の肛門括約筋損傷女性における性機能。分娩様式による分析

産褥期の肛門括約筋損傷女性における性機能。分娩様式による分析

S.A.A.アングレス、C.R.C.ロス、N.E.S.エリアス、M.J.P.パラウ、M.E.P.エスプーニャ The Journal of Sexual Medicine, 第15巻, Issue S …

女性のセックス研究ではどのようなエロティック・フィルムを使うべきか?探索的研究

女性のセックス研究ではどのようなエロティック・フィルムを使うべきか?探索的研究

テリー・L・ウッダード(MD)、カレン・コリンズ(MS、MA)、ミンディ・ペレス(BA)、リチャード・バロン(MD)、マニュエル・E・タンサー(MD)、マイケル・クルーガー(MS)、スコット・モファッ …

前立腺癌治療を受けた性交渉のある男性におけるQOLと性機能に関するパイロット研究

前立腺癌治療を受けた性交渉のある男性におけるQOLと性機能に関するパイロット研究

ツ・キン・リー医学博士、ロドニー・ヘンリー・ブリュー医学博士、リブニ・イーペン医学博士 The Journal of Sexual Medicine, Volume 10, Issue 8, Augu …

ブラジル、サンパウロで意図的に安全でないセックスを行う性的強迫男性におけるパーソナリティ

ブラジル、サンパウロで意図的に安全でないセックスを行う性的強迫男性におけるパーソナリティ

マリア・ルイザ・S・ド・アマラル(MS)、カルミタ・H・N・アブド(MD)、PhD、エルマノ・タヴァレス(MD)、PhD、マルコ・デ・トゥビーノ・スカナビノ(MD)、PhD ジャーナル・オブ・セクシュ …