TAGS:
CATEGORY:

潤滑剤使用と女性の性的快感、性的満足、性器症状との関連性: 前向き日誌研究

投稿日:

潤滑剤使用と女性の性的快感、性的満足、性器症状との関連性: 前向き日誌研究

デブラ・ハーベニック博士、MPH、マイケル・リース博士、MPH、デヴォン・ヘンゼル博士、ステファニー・サンダース博士、クリステン・ジョズコウスキーMPH、J・デニス・フォーテンベリー医学博士、
ジャーナル・オブ・セクシュアル・メディシン、第8巻、第1号、2011年1月、202-212ページ、https://doi.org/10.1111/j.1743-6109.2010.02067.x
発行:2011年1月1日

Contents

はじめに

潤滑油の使用は、女性が一人で行う性行為やパートナーと行う性行為において一般的に推奨されているが、女性の潤滑油の使用や、性的快感や満足感との関係についてはほとんど知られていない。

目的

本研究の目的は、(i)成人女性がパートナーとの性行為や単独での性行為において潤滑剤をどのように使用しているか、(ii)女性の性的快感や満足感の報告と特定の性行為における潤滑剤の使用との関係、(iii)潤滑剤の使用がその後の性器症状とどの程度関連しているかを評価することである。

方法

合計2,453人の女性が、6種類の水性またはシリコン性潤滑剤のいずれかを使用するよう割り付けられた、5週間のインターネットベースの二重盲検前向き日誌研究に参加した。

主要アウトカム評価項目

ベースラインデータには、人口統計学、避妊具の使用状況、試験登録前4週間の性行動が含まれた。毎日の日誌データには、ペニスと腟のセックス、ペニスと肛門のセックス、単独セックス、潤滑剤の使用、潤滑剤の塗布、性的快感と満足度の評価、性器症状の報告が含まれた。

結果

水性ルブリカントはシリコン系ルブリカントと比較して性器症状が少なかった。さらに、水性またはシリコン系潤滑剤の使用は、単独セックスおよびペニスと腟のセックスにおける性的快感および満足度の高い評価と関連していた。水性潤滑剤の使用は、潤滑剤を使用しない場合と比較して、陰茎-肛門性交における性的快感および満足度の評価が高いことと関連していた。

結論

本研究で使用された水性およびシリコン性の潤滑剤は、性的快感および満足度の有意に高い報告と関連しており、性器症状とはほとんど関連していなかった。

-

執筆者:

関連記事

ゲイのセックスと男女の脳。ボトムはトップよりフェム脳?8,755人の男性を対象としたTbornottb調査

ゲイのセックスと男女の脳。ボトムはトップよりフェム脳?8,755人の男性を対象としたTbornottb調査

J Herrero Rafael, PhD/MD, Bourmaud Aurélie, PhD/MD, Boizeau Priscilla, M.Sc./M.A, Ohayon Dr. Michel …

女性の直腸癌および肛門癌生存者における性的機能不全の心理的相関: ベースライン介入データの分析

女性の直腸癌および肛門癌生存者における性的機能不全の心理的相関: ベースライン介入データの分析

エロール・J・フィリップ(PhD)、クリスチャン・ネルソン(PhD)、ラリッサ・テンプル(MD)、ジャンヌ・カーター(PhD)、レスリー・ショーバー(PhD)、サブリナ・ジェニングス(MA)、リナ・ヤ …

189のアナルセックスの習膣慣と直腸のエロスゾーン: Anatomic Questionnaire Based Study

189のアナルセックスの習膣慣と直腸のエロスゾーン: Anatomic Questionnaire Based Study

A. ウォルトン、J・ステルマー、E・カーター、E・デュラルデ、D・アイザックソン、M・ザリズニャク、M・ガルシア The Journal of Sexual Medicine, Volume 19, …

前立腺癌治療を受けた性交渉のある男性におけるQOLと性機能に関するパイロット研究

前立腺癌治療を受けた性交渉のある男性におけるQOLと性機能に関するパイロット研究

ツ・キン・リー医学博士、ロドニー・ヘンリー・ブリュー医学博士、リブニ・イーペン医学博士 The Journal of Sexual Medicine, Volume 10, Issue 8, Augu …

他のセックス・パートナーとの腟性交および肛門性交中に経験した痛み: 米国における全国代表確率調査の結果

他のセックス・パートナーとの腟性交および肛門性交中に経験した痛み: 米国における全国代表確率調査の結果

The Journal of Sexual Medicine, 第12巻, 第4号, 2015年4月, 1040-1051ページ,https://doi.org/10.1111/jsm.12841 発 …

最新記事