TAGS:
CATEGORY:

アナルセックスを越えて: 男性とセックスする男性の性行為とHIVおよびその他の性感染症との関連性

投稿日:2023年5月10日 更新日:

アナルセックスを越えて: 男性とセックスする男性の性行為とHIVおよびその他の性感染症との関連性 アクセスアローを取得する

アナルセックスを越えて: 男性とセックスする男性の性行為とHIVおよびその他の性感染症との関連性(原題:Beyond Anal Sex: Sexual Practices of Men Who Have Sex with Men and Associations with HIV and Other Sexually Transmitted Infections)
カラ・E・ライス(PhD、MPH)、コートニー・マイヤーホーファー(MPH)、カレン・S・フィールズ(BSN)、メリッサ・アーヴィン(MT(ASCP))、ステファニー・T・ランザ(PhD)、アビゲイル・ノリス・ターナー(PhD、MPH)
『性医学研究』第13巻第3号(2016年3月)374-382ページ https://doi.org/10.1016/j.jsxm.2016.01.001
公開日:2016年03月01日

Contents

はじめに

無防備な肛門性交は、男性と性交渉を持つ男性(MSM)におけるリスク行動の一つの指標として用いられることが多いが、MSMは性感染症(STI)やHIVとの関連性が不明な様々な行動をとっている。

目的

幅広い性行動の有病率と、STIおよびHIVの有病率との関連性を評価する。

方法

性感染症の診療を受ける235人のMSMを対象としたこの横断研究では、標準化された自記式調査票を用いて行動データを収集しました。

平均的なアウトカム指標

修正ポアソン回帰を用いて、未調整および調整済み有病比(PR)を作成し、各行動への最近の参加とSTIおよびHIVの有病率との関連性を特徴付けた。

結果

参加者の年齢の中央値は26歳でした。3分の1(35%)がSTI陽性であった。STI有病率は、セックススリングの使用(調整済みPR [aPR] = 2.35)、フェルチング(aPR = 2.22)、グループセックス(aPR = 1.86)、フィスティング(aPR = 1.78)、匿名セックス(aPR = 1.51)、セックストイ(aPR = 1.46)と大きく関連していた。HIV有病率は17%で、フィスティング(aPR=4.75)、フェルチング(aPR=4.22)、エネマ(aPR=3.65)、グループセックス(aPR=1.92)と有意な関連があった。

結論

調整後の分析では、複数の行動がSTIおよびHIVの有病率と有意に関連していた。MSMの性的リスクをより包括的に理解するためには、これらの行動がHIVやSTIの獲得と因果関係があるかどうかを調べる前向き研究が必要である。

-

執筆者:

関連記事

肛門性交(アナルセックス)の危険性と便失禁のHIFU治療

肛門性交(アナルセックス)の危険性と便失禁のHIFU治療

性行為の際に、膣ではなく肛門に陰茎を挿入する行為を肛門性交(アナルセックス)と言います。膣を持たない男性同士や男女間でも行われている行為で、膣での性行為に比べるとリスクを伴います。 肛門性交を行うこと …

【Dr.Shoko’sコラム】バイオジェニックスという概念 最近流行りの乳酸菌エキス? 美容の先生も推してますよね?

アルベックスって? 最近流行りの『アルベックス』 美容の先生方も推してらっしゃいますよね。 やはり、スキンケアも内側からという事ですね。 生きた善玉菌を摂取することを、 『プロバイオティクス』 …

【Dr.Shoko’sコラム】老化を加速させるAGE 身体の老化は皆、平等に起こるもの ゼロにできなくても、綺麗に年を重ねたい

  老化に関係?!『AGE』ってなに? 今日は、老化を加速させる『AGE』という物質について 『AGE』は簡単に説明すると、、、 糖が、タンパク質や脂質と結合して(糖化)して生成される物 …

ファイト!ケミカルでアンチエイジングを

【Dr.Shoko’sコラム】ファイト!ケミカルでアンチエイジングを

皆さん、ファイトケミカルと言う言葉はご存知ですか?? ファイト???応援してくれるの? そうではなく、(ある意味応援してくれるのですが) ファイト=植物 ケミカル=化合物 と言う意味で、植物が紫外線や …

痔と間違えやすい病気とはなんなのか

痔と間違えやすい病気にもさまざまなものがある 肛門やその周辺は非常にデリケートであるため、痔以外にもさまざまな病気が起こり得ます。 中には痔と症状が似ているものもあり、誤って判断してしまうケースも少な …