TAGS:
CATEGORY:

前立腺を持つ人々の受容性肛門性体験のアトラス

投稿日:

前立腺を持つ人々の受容性肛門性体験のアトラス

Thomas W Gaither, MD, MAS, Nathan W Vincent, Eduardo Piqueiras, PhD, MSc, Devin Barzallo, Allen Siapno, Kristen C Williams, MA, Marcia Russell, MD, Mark S Litwin, MD, MPH
The Journal of Sexual Medicine, Volume 20, Issue 2, February 2023, Pages 126-138, https://doi.org/10.1093/jsxmed/qdac024
公開:2023年1月12日

背景受容性肛門性交(RAI)は、あらゆる性的指向の人々の間で一般的に実施されている。しかし、社会や医療従事者による否定的なスティグマが、この実践の過小報告を招いている。

Contents

目的

我々は、多様なRAIの経験を持つ参加者において、快楽中枢としての前立腺の主観的役割を評価し、記述することを目的とした。また、エロティックな感覚や痛みをもたらす肛門領域の非前立腺部について説明することを第二の目的とした。

方法

探索的逐次多方式研究デザインは、RAIを受けた前立腺を持つ30人のフォーカスグループと半構造化面接を含む。我々は、視覚化を強化し、参加者の視点を評価するために、出生時の男性解剖のグラフィックエリシテーションを使用した。

成果

主な結果は、RAI中にエロージェンシーな感覚と痛みを感じる解剖学的な位置を特定することであった。

結果

参加者(年齢中央値38歳、範囲24-77歳)のうち、ほとんどの参加者(90%)はシスジェンダー男性であることがわかった。RAIの動機として、(1)本質的な喜びを得ること、(2)パートナーに喜びを与え、親密さやつながりを向上させる方法、(3)身体的・精神的な問題により挿入側になれないこと、という3つの主要テーマが浮かび上がった。肛門領域は、参加者が快感を覚える様々なエロジェニックな感覚を生み出すことがデータから示唆されました。全体として、直腸前壁と肛門内の2つの主要なエロジェニックな感覚領域が発生する。RAIの文脈では、挿入時の痛みとそれ以外の時の痛みという2つの明確な痛みのカテゴリーが浮かび上がった。

臨床的意義

各個人のエロジェニックな感覚がどこで生じるかを理解することは、様々な外科的介入後の性的機能を予測することになる。痛みのタイミングと位置は、無性包茎をさらに特徴づけるのに役立つかもしれない。

長所と短所

本研究では、特に年齢、地理的な場所、前立腺の病態など、多様なRAI経験者を対象に、(フォーカスグループからインタビューまで)順次デザインを利用した。また、多様なジェンダーアイデンティティを持つ人々が含まれているが、これらのグループをシスジェンダー男性から独立して評価するには少なすぎる。

結論

前立腺を持つ人々は、RAI中に複数の領域で喜びを経験している。一部の一般向け文献に反して、前立腺領域はすべての個人にとって主観的な快楽の中心ではない。RAI中の痛みのタイミングと位置は、介入すべき領域を示すかもしれない。RAI中の快感と痛みに関する言語を提供することは、性的パートナーだけでなく、臨床医と患者との間のコミュニケーションを改善する可能性がある。

 

-

執筆者:

関連記事

MSMにおける割礼のHIV防御効果に対するアナルセックスの役割の影響

MSMにおける割礼のHIV防御効果に対するアナルセックスの役割の影響

H. 銭、Y.ルアン、Y.リュー、H.シュピーゲル、L.イン、D.リー、B.シェパード、Y.シャオ、S.ヴァームンド、D.ミラム The Journal of Sexual Medicine, 13巻 …

不安型・回避型アタッチメント、バイブレーターの使用、アナルセックス、腟オーガズムの障害

不安型・回避型アタッチメント、バイブレーターの使用、アナルセックス、腟オーガズムの障害

ルイ・M・コスタ、MA、スチュアート・ブロディ、PhD The Journal of Sexual Medicine, Volume 8, Issue 9, September 2011, ページ 2 …

二分脊椎症の成人の国際的サンプルにおける単独とパートナーの性行動

二分脊椎症の成人の国際的サンプルにおける単独とパートナーの性行動

デヴォン・J・ヘンゼル(MS、PhD)、ロザリア・ミッセリ(MD)、ジョン・S・ウィーナー(MD)、ジョシュア・D・ロス(MD)、ベンジャミン・M・ウィッタム(MS、MD)、マーク・P・カイン(MD) …

男性と性交渉を持つ男性におけるStreptococcus dysgalactiae ssp. Equisimilisによる肛門周囲レンサ球菌性皮膚炎

男性と性交渉を持つ男性におけるStreptococcus dysgalactiae ssp. Equisimilisによる肛門周囲レンサ球菌性皮膚炎

イスマエル・マートゥーク医学博士、ロイ・ムートラン医学博士 The Journal of Sexual Medicine, 10巻, 9号, 2013年9月, 2351-2352ページ, https: …

ヒトパピローマウイルスワクチン接種は、男性と性交渉を持つ男性における危険な性行動とは関連しない

ヒトパピローマウイルスワクチン接種は、男性と性交渉を持つ男性における危険な性行動とは関連しない

エリック・チョウ、マーカス・チェン、カトリオナ・ブラッドショー、クリストファー・フェアリー The Journal of Sexual Medicine, 14巻, Issue Supplement_ …