TAGS:
CATEGORY:

男性と性交渉を持つ男性におけるStreptococcus dysgalactiae ssp. Equisimilisによる肛門周囲レンサ球菌性皮膚炎

投稿日:

男性と性交渉を持つ男性におけるStreptococcus dysgalactiae ssp. Equisimilisによる肛門周囲レンサ球菌性皮膚炎

イスマエル・マートゥーク医学博士、ロイ・ムートラン医学博士
The Journal of Sexual Medicine, 10巻, 9号, 2013年9月, 2351-2352ページ, https://doi.org/10.1111/jsm.12243
発行:2013年9月1日

はじめに

肛門周囲レンサ球菌性皮膚炎(PSD)は、小児および女性性器(まれ)にみられ、一般にA群B溶血性レンサ球菌(GABHS)によって引き起こされる。

目的

本報告は、G群溶血性レンサ球菌に属するStreptococcus dysgalactiae ssp. Equisimilisが肛門周囲皮膚炎を引き起こす可能性を明らかにするものである。

症例

2012年9月、複数の男性セックスパートナーがいた23歳の男性が、10日間の有痛性肛門潰瘍の病歴で受診し、淡褐色の半透明の分泌物がみられた。初診時、2個の潰瘍(1cm×2cm;1cm×1cm)が膿性分泌物とともに認められ、小水疱などの病変はなかった(図1)。肛門周囲の皮膚は圧痛があり、リンパ管炎は認められなかった。性器検査は正常であった。生化学的および血液学的検査は正常であった。血清検査では、HIV、B型およびC型肝炎、梅毒は陰性であった。単純ヘルペスウイルス(HSV)IgG抗体は陽性、HSV IgM抗体は陰性であった。両潰瘍液のポリメラーゼ連鎖反応はHSV-1およびHSV-2陰性であった。滲出液の細菌培養とグラム染色を行った。B溶血性ランスフィールドG群連鎖球菌の重篤かつ純粋な増殖が分離された。後にS. dysgalactiae ssp. Equisimilisと同定された。この分離株はペニシリン、アモキシシリン-クラブラネート、アジスロマイシン、コトリモキサゾールに感受性を示し、シプロフロキサシンに耐性を示した。4週間後の真菌培養は陰性であった。

-

執筆者:

関連記事

アナル・セクシュアリティに対するスティグマは、米国で男性と性交渉を持つ男性のHIV予防を妨げているか?構造方程式モデリングによる評価

アナル・セクシュアリティに対するスティグマは、米国で男性と性交渉を持つ男性のHIV予防を妨げているか?構造方程式モデリングによる評価

ブライアン・A・カットナー博士、MPH、ジェーン・M・シモーニ博士、ケビン・M・キング博士、スティーブン・M・グッドロー博士、アンドレア・ノルチーニ・パラ博士、エマ・クリーガン博士、フランシス・M・ア …

肛門癌に対する骨盤放射線療法後の女性の性機能障害

肛門癌に対する骨盤放射線療法後の女性の性機能障害

B Laden, M Burt, B Peters, J Bloss, K Cunningham, B Koontz, J Hannan The Journal of Sexual Medicine, …

男性と性交渉を持つ米国男性サンプルにおける直近の肛門性交イベント時のコンドーム使用

男性と性交渉を持つ米国男性サンプルにおける直近の肛門性交イベント時のコンドーム使用

ジョシュア・G・ローゼンバーガー博士、MPH、マイケル・リース博士、MPH、ヴァネッサ・シック博士、デビー・ハーベニック博士、MPH、デビッド・S・ノヴァクMSW、バーバラ・ヴァン・デル・ポル博士、M …

男性と性交渉を持つ男性における性的に露骨なメディアの知覚的影響とポルノグラフィ消費影響尺度(PCES)の心理測定学的特性

男性と性交渉を持つ男性における性的に露骨なメディアの知覚的影響とポルノグラフィ消費影響尺度(PCES)の心理測定学的特性

ゲルト・マーティン・ハルド博士、デレク・スモレンスキー博士、B.R.サイモン・ロッサー博士 The Journal of Sexual Medicine, 第10巻, 第3号, 2013年3月, 75 …

二分脊椎症の成人の国際的サンプルにおける単独とパートナーの性行動

二分脊椎症の成人の国際的サンプルにおける単独とパートナーの性行動

デヴォン・J・ヘンゼル(MS、PhD)、ロザリア・ミッセリ(MD)、ジョン・S・ウィーナー(MD)、ジョシュア・D・ロス(MD)、ベンジャミン・M・ウィッタム(MS、MD)、マーク・P・カイン(MD) …